朝起きて、鏡を見た時に顔がむくんでいるとテンションが下がりますよね…

お酒を飲んだせい?うつぶせで寝ていたせいかもしれない…原因は様々ですが、とにかく今すぐ顔のむくみを解消しないと、出かけるのも嫌になってしまいます。

朝、顔がむくみやすいのは何故?顔のむくみの解消法は?予防はできるの?これらについて調べてみました!

むくみの原因とは?

そもそもむくみとは一体何でしょうか?

心臓から送りだされた血液は動脈を通って栄養や水分を身体へと運びます。帰り道、不要な水分はリンパ管や静脈を通り心臓に戻り、また送り出され循環します。

この帰り道に何かしらの問題があり、スムーズに流れないと渋滞を起こし、水分が溜まってしまいます。

これがいわゆる「むくみ」なんですね。

長時間の起立やデスクワークなど、一定時間同じ姿勢でいることで夕方に足がむくんでしまうのは、重力によりに血液が足の静脈に溜まり静脈を通って帰りたい水分たちもそこに留まってしまうからなんです。

うつぶせで寝てしまった日の朝は、顔のむくみがひどいことが多いですよね。

日中は立っているので足の方に溜まる水分が、横になっている時は身体に均等に行き渡りますので顔を下にして寝ていると多くの水分が顔に溜まってしまうんです。

また、飲み会があった日、お酒を飲みすぎた日の翌朝は顔がパンパンなんて場合もありますよね。

この場合は動脈が関係しています。

アルコールを摂取すると血管が膨張します。動脈の毛細血管にはとてもとても小さな穴があいていて血管が膨張することでその穴も広がってしまうわけです。そうすると、そこから水分が染み出てむくみを引き起こしてしまうんです。

お酒を飲むとおしっこがたくさん出ますよね。そうすると喉が渇きお水をたくさん飲んでしまいます。その水分が膨張した穴から血管外に出て行きむくむ一方で血管内の水分量が足りなくなるからまた喉が渇き…の悪循環を起こしている場合もあるんです。

飲み会でむくむ原因はアルコールだけではありません。お酒のおつまみのほとんどは塩分の高いしょっぱい食べ物ですよね。

とても美味しいからつい食べ過ぎてしまいますが塩分の成分であるナトリウムは水分を取り込む性質があります。

余分な水分を摂取することで血管が押し広げられ、先ほどと同じように毛細血管から水分が染み出てしまうんです。

朝の顔のむくみは起きれば余分な水分が流れて徐々に解消されます。美味しいお酒とおつまみは、むくみの大敵なんですね。ほどほどを心がけましょう。

むくみの解消法と予防法

朝起きれば昼頃には解消されている顔のむくみですが、実際は昼頃までむくんでいられない!水分を流せば元に戻るわけですから、家で簡単にできる解消法を試してみましょう。

顔の水分を下に流す必要があるので、マッサージなどで首をほぐす必要があります。

・首を左右3回づつ大きくゆっくり回します。力を入れすぎないこと。ポキッとなってしまうのは首の負担になります。

・鎖骨の上のくぼみに指を入れてググッと押します。リンパの流れが良くない場合は痛く感じるかもしれません。

・首がほぐれたら、あごから耳の部分まで指でさすりあげます。クリームなどで滑りを良くしてからの方がやりやすいです。

・耳の後ろから首筋を通って水分を下に流すイメージで鎖骨部分までさすります。

このマッサージをするだけでも、むくみはだいぶ解消されるはずです。

解消できるのは良いけど、できればむくみたくないですよね。むくみは予防もできるので、注意してみてください。

・当たり前ですが塩分、アルコールは控えめにすること。うつぶせ寝をしないこと。

・ナトリウムを排出してくれる成分はカリウムです。バナナやアボカド、リンゴなど果物に多く含まれます。

・ビタミンB1は血液をサラサラにする効果があります。豚肉やかぼちゃ、ホウレンソウなどに多く含まれます。

・冷えを改善させること。身体が冷たいのもむくみの原因です。お風呂につかるなどして身体をあたためましょう。

・運動不足による血行不良や筋肉量の低下は、血液を送り出す力が弱くなってしまい、それもむくみに繋がります。

・日常生活での改善が難しいようなら、むくみ用のサプリメントも有効です。むくみに効く成分が確実に摂取できます。

塩分を摂りすぎない、アルコールを飲まないというのは、ライフスタイルごとにできるできないはありますので、主に栄養を摂取して余分なものを排出しやすくすることが予防法といえます。

飲み会が増えるシーズンなどもありますから、顔のむくみを上手に解消&予防したいですね!