突然ですが、お酒好きの皆さんは休肝日をちゃんと作っていますか?

飲み会以外でも、毎日つい飲んでしまう、おつまみだって欲しくなる…
毎日少量でも、それが積み重なるとドンドン体重は増えていってしまいます。

一般的に「お酒で太るのではく、おつまみで太る」と言われていますが、それは本当なのでしょうか?

太らないお酒の飲み方や、おつまみについて調べたので紹介しますね!

お酒だけでも太りますよ!

おつまみを食べなきゃ太らない!と思ってしまいますが、そうではありません。
確かに、お酒と相性の良い食べ物は脂っこかったり味が濃かったりしてカロリーも高いです。
その分を抜けば摂取カロリーは大幅に減りますが、安心はできません。

お酒はカロリーではなく、糖質を見る!

・ビール中ジョッキ1杯で200kcal

カロリーが高く、糖質が多いので「太らない」とは無縁のお酒と言えそうです。
どうしてもビールが飲みたいのなら、糖質オフと宣伝しているビールもあるので、そちらをおススメします。

・カクテルやチューハイ350mlの缶で100~200kcal

甘いお酒が多いので、カロリーも高くなりがちです。甘いものには糖質が多く含まれています。
市販ではゼロカロリー、糖質オフのものも増えてきたので、ちょっと気にしながら選んでみてください。

・ワイン1杯で70kcal

言わずと知れたポリフェノールが豊富に含まれています。
動脈硬化の予防や美容効果も期待できるので、飲みすぎに注意して飲みたいですね。
甘口は辛口に比べて糖質も多いので、ワインなら辛口をおススメします。

・日本酒一合で200kcal

カロリーは高めですが、アルコール度数も高いので
ビールのようにごくごくと飲まない分、摂取カロリーは抑えられるかもしれません。
美肌などのアンチエイジング効果が期待できますが、お酒の中で最も糖質量が多いです。

一方、焼酎やウイスキー、ブランデーやウォッカなどの蒸留酒には糖質は含まれていませんので
太りにくいお酒と言えます。

肝臓を休ませてあげる=痩せる?

そして、お酒を飲んだ時にお仕事をしてくれるのが肝臓ですよね。

体内に入ったアルコールを分解するために肝臓は頑張ります。
他のお仕事をおろそかにしながらアルコールを分解しようと張り切ってしまいます。
その結果、アルコールは尿や汗となって排出できます。

肝臓のもう一つのお仕事は「グリコーゲン(一時的に保存しておくエネルギー)を貯蔵する」ことです。
しかし、アルコールの処理に忙しい肝臓は、グリコーゲンの貯蔵を後回しにしてしまいます。
貯蔵庫へ行けず、行き場がなくなったグリコーゲンたちが中性脂肪になり、それが体脂肪へと変わってしまうのです。

甘いものを食べ過ぎると太ると言われているのは、貯蔵庫に収まりきらないグリコーゲンが
中性脂肪から体脂肪に変わってしまう為です。

「毎日お酒を飲む=グリコーゲンをうまく貯蔵できない太りやすい体質」になってしまうんですね。

休肝日を作ったら体重が減った、ダイエットできたという方はとてもたくさんいます。

休肝日で摂取カロリーが減るのももちろんですが、肝臓がグリコーゲンを貯蔵するお仕事を
しっかりと出来ているおかげでもあるんですね。

食べ方で決まる!太りにくいおつまみ

先ほども書いたように、蒸留酒である焼酎やウイスキーなどは
太らないお酒と言えそうですが、太らないおつまみはあるのでしょうか?

お酒でカロリーを摂取している分、おつまみは低カロリーのものが好ましいですよね。

これには食べる順番がカギとなります。

1.サラダなどで食物繊維を摂る

糖質の多いビールなどを飲むと血糖値が急上昇し、食べたおつまみを身体に溜め込みやすくしてしまいます。
食物繊維を最初に食べることで、糖質の吸収を緩やかにできます。
野菜サラダや、きのこ系、酢の物、枝豆などがおススメです。
冷ややっこは身体が冷える!という場合は、キムチを乗せるのも良いですね。

2.油物は控えめに

サラダだけではまだ空腹ですよね。油物を食べたいところですがまだ待ってください。
次は、冷ややっこ、お刺身、煮物など油をあまり使っていないものを食べましょう。
お肉が食べたいなら、焼き鳥(塩)がおススメです。たんぱく質は必要な栄養なのでしっかり摂りましょう。
タレは糖質が多く含まれています。塩でシンプルにいただきましょう。

3.脂肪が含まれるもの

炭水化物や糖質に気を付ければ脂肪分も食べて大丈夫です。
何より、食べた!という気分になれるので物足りなさからの暴食も防げますよ。
チーズやナッツ類がベスト。お肉なら衣の薄い唐揚げも大丈夫です。
唐揚げを食べる際にはレモンを絞りましょう。
クエン酸が油を中和してくれます。小皿にとって、自分の分だけかけましょうね。

何事にも限度はありますが、この順番を守れば、普通に食べてしまうよりも太らないと言えます。
お酒とおつまみの種類に気を付けて美味しくいただけると良いですね!