大食い 太らない理由 ギャル曽根
あなたの周りに大食いなのに太らない、むしろスリムすぎる!という方はいますか?

大食いなのにスリム体型を保っている人と言えばギャル曽根ですよね。

ギャル曽根は162㎝の体重45㎏と公表されていますが、女性であれば「あんなに大食いなのに45㎏!?」と驚く方がほとんどだと思います。

自分の好きなものをこれでもか!というくらい食べてみたいというのは、多くの人が夢みていることではないでしょうか。

しかし現実は、ある程度食べたらお腹がいっぱいになるのが普通で、大食いの人のようには食べられないことを痛感するものです。

大食いなのにギャル曽根が太らない理由が知りたいですよね。

大食いなのにギャル曽根が太らない理由は何なのでしょうか。

大食いではない人も、その太らない理由を真似することはできるのでしょうか。

大食いで知られるギャル曽根が太らない理由とは?

ギャル曽根の食べっぷりをテレビで見たことがある方は多いはず。

自分の好きなものならばいくらでも食べられるといわんばかりに、勢いよくそして綺麗に食べるのがギャル曽根ですよね。

今は大食いの番組にあまりでなくなり、自分で料理を作って披露したりもしていますが、食べることが好きなだけあって料理も上手ですよね。

やはり食べることが好きというのが大食いに繋がっているというのが大きいのでしょう。

太らない理由:いつもの食事

ギャル曽根が番組で披露する料理は一般家庭で作れるお手軽なもので、特別大食いの人向けのものではありません。

ギャル曽根は毎日毎日大食いをしているわけではありません。

以前テレビ番組で「1日の食費は1000円」と発言したことが話題になったのはご存知ですか?

大食いの人で1日1000円というのは少ない気がしますよね?

ギャル曽根曰く「お金がもたない」ということのようですが、確かに大食いをするとなるとお金がかかるので、1000円におさえるというのは納得がいきますよね。

ギャル曽根は大食い番組に出た時は、食べられるだけ食べて普段の食費は1日1000円に抑えるというように区別をしているようですね。

食べることが好きなギャル曽根は大食いのテレビ番組内では食べられるだけ食べて、普段の食事は普通の人と何ら変わりのない食生活をしているようです。

いつでもどんなときも大食いなわけではないというのも、ギャル曽根が太らない理由に繋がっています。

太らない理由:便通

ギャル曽根が太らない理由は、便通の良さも関係していそうです。

ギャル曽根は大食いのあとに1日に6回~7回トイレに行くようです。

1日に6~7回というのはかなり多い方ですよね。

食べた分を全て吸収するのではなく、排出することが太らない理由に繋がっていることがわかりますね。

太らない理由:体質

ギャル曽根が太らない理由を知るべく、メディアでもたびたび取り上げられることがありますが、以前に番組で検証を行った際にギャル曽根の胃袋の拡大は普通の人よりも著しいということが判明しています。

ギャル曽根の場合は大食いをした後は胃袋が大きく膨らみ他の臓器を押すような形となるのですが、胃袋の中のものを腸に押しだす力も強く、排出される時間も短いことがわかっています。

そのため大食いをした後はトイレに行く回数が増えるということですね。

また褐色脂肪細胞という、体内でエネルギーを消費して体温をあげる役割をしている細胞があるのですが、この細胞は体内に栄養が入ってきた際に余分な栄養を熱に換える力があります。

この栄養を熱に換えて放出することで太ることを防ぐことができるのです。

ギャル曽根はこの褐色脂肪細胞が人よりも活発と言われています。

今食べた栄養やカロリーが放出されるだけではなく、もとから体内に蓄えられていた脂肪分も一緒に放出することができるのでギャル曽根は太りづらい体質ということが言えるのです。

大食いのギャル曽根が太らない理由が知りたい!:まとめ

ギャル曽根が大食いをしても太らない理由というのは、普段から大食いをしているわけではないことや、体質が大きく関係していることがわかりました。

体質によるものは普通の人が真似をしてもできることではありません。

そう考えるとギャル曽根の体質は特異体質であり、食べることが好きな方にとっては羨ましくもありますよね。