禁煙 太りたくない
禁煙をしたことで太ってしまったという声を聞いたことがある方も多いと思います。

あなたの周りにも、禁煙で太ったという方はいますか?

禁煙は身体に良いことですが、太りたくないという人も多いはずです。

禁煙をしたいけれど太りたくないということを思う人も多く、タバコを止めるに止められないという状況の人もいるでしょう。

しかし、もしたしたら禁煙をするというのは噂の域を出ないかもしれません。

禁煙をすると太るのは本当なのか、そしてなぜなのか。

禁煙をするにあたって太らないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

禁煙するとなぜ太るの?

禁煙をするのは身体に良いことですし、周りの人にとってもとても良いことですよね。

最近は分煙をする施設も増え、喫煙できない場所も増えていますよね。

そんな中で禁煙をしたいと考えている方も多くいることでしょう。

しかし太りたくないという思いから、なかなか一歩が踏み出せないという人もいるかもしれません。

禁煙をすると太るというのはなぜなのでしょうか。

タバコを吸っているとダイエットになるというのを耳にしたことはありますか?

私自身タバコを吸っていたときは食欲が湧かず、「タバコが吸えればご飯は別に良いかな~」なんていうときもあったのですが、みなさんはいかがですか?

これは実はタバコに含まれるニコチンが関係しているのです。

ニコチンには食欲を抑制する作用があるため、タバコを吸っていると食欲が減退するということが起こるのです。

「ダイエットに良いじゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、タバコには発癌物質が含まれていることや、肌の老化や口臭に繋がったりということがあります。

また副流煙も大きな問題となっていますよね。

タバコを吸っている間は食欲が減退して痩せるということもあるかもしれませんが、その反動で禁煙したとたんに太るということが起こるのです。

自分の力で禁煙に成功した人は、平均で女性は3.8㎏太ったというデータもあります。

先ほどもあげたニコチンが原因となり、ニコチンの摂取を止めることで減退していた食欲が戻ったり増したりするとによって太ってしまうのです。

また禁煙をすることで、味覚が正常に戻り食べ物の味をしっかりと感じることができて、たくさん食べてしまうということもあります。

体重の増加は禁煙における禁断症状とも言われています。

太りたくない人はどうしたら良いの?

では禁煙をしたいけれど太りたくないという人はどうしたら良いのでしょうか。

離脱症状や禁断症状と言われる症状は、体重の増加や食欲の増加だけではなく、怒りや不安、落ち着きのなさなどが現れることもあります。

こうした症状は禁煙をしてからピークを向かえるのは48時間以内とされ、4週間程かけて徐々におさまっていくと言われています。

禁煙をすると絶対太るということではなく、禁煙をすることによって食べ物に対する欲求が増すということです。

そのためその食欲を自分でコントロールできれば体重は増えることはありませんよね。

禁煙をしたい!という気持ちと、太りたくない!という気持ちとで複雑になっている方もいるかもしれません。

しかし禁断症状は徐々におさまっていきますし、禁煙をすることで辛いのは初めのうちです。

味覚が正常に戻り、ご飯を美味しく食べられるというのは良いことですよね。

太りたくないという方は自分の気持ちをうまくコントロールし、ガムや飴などで気を紛らわせたりといった努力が必要となりそうです。

禁煙すると太る?禁煙したい!でも太りたくない!:まとめ

禁煙をすると食欲が増すというのは、タバコに含まれるニコチンが関係していることがわかりました。

この食欲を抑えることは容易ではないかもしれませんが、太りたくないという気持ちが強いのであれば食事の量が増えないように注意をするようにしましょう。

食事の量に気をつかってさえいれば、禁煙をしながらでも体重増加を防ぐことができるでしょう。