着痩せ スカート

スカートを履く機会が多い方も、これからスカートに挑戦したいと思っている方も、スカートを使った着痩せコーデがあれば知りたいですよね。

スカートを使った着痩せコーデのポイントになることはどういったことなのでしょうか。

スカートの丈なのでしょうか。

それともスカートの色や柄によって着痩せできるか否かが変わってくるのでしょうか。

スカートと合わせるトップスはどのようなものを合わせれば良いのかも気になりますよね。

ここではそんなスカートを使った着痩せコーデのポイントをご紹介していきます。

スカートを使った着痩せコーデのポイント

では早速スカートを使った着痩せコーデのポイントを見ていきましょう。

ポイント1:デザイン

着痩せが叶うスカートのデザインはフレアなものです。

フレアスカートは裾が広がっているのでシルエットが綺麗にでます。

裾が広がっているスカートは何といっても脚が細く見えるのがポイントです。

フレアスカートはヒールにも合いますし、スニーカーにも合うのでコーデに取り入れやすいんですよね。

またハイウエストのデザインのスカートを選ぶことも着痩せコーデのポイントです。

ウエストをキュッと絞るデザインのものにトップスをインすれば脚が長く細く見えるので、着痩せしたい方はフレアかつハイウエストのデザインのものを選んでみましょう。

ポイント2:ロング丈

着痩せできるスカート選びのコツは丈にあると言っても過言ではありません。

脚に自信のある方はミニスカートでも良いでしょう。

しかしミニスカートはどうしても脚の太さが目立ってしまうアイテムでもあります。

一番注意したいのは中途半端な丈を選ぶということです。

ふくらはぎにさしかかる丈のものが一番バランスがとりづらく、もたついて見えたり脚が太くみえたり、トップスとのバランスも難しくなる丈なのです。

わざわざ自分が気にしている部分を出す必要はありませんし、丈によって太って見えてしまっては本末転倒なので、ロング丈のものをチョイスし着痩せを目指しましょう。

ロング丈のものでも、シフォン素材のものやプリーツデザインのものなどをチョイスするとトレンド感のでるコーデに仕上がるのでおすすめです。

ロング丈のスカートには、トップスは軽やかなものを合わせてバランスをとるようにしましょう。

さらにロング丈のスカートを履くポイントは足首にあります。

足首は華奢な部分なので、足首がチラリと見える丈のものを選ぶのが良いでしょう。

ポイント3:素材

薄い素材のスカートは、軽やかで着痩せして見えそうな気がしますが、身体のラインをひろってしまう可能性があります。

身体のラインをひろってしまうとカバーしたい部分が逆に目立ってしまうことがあります。

そのため素材は薄いものよりもハリのある素材のものを選ぶのがポイントです。

注意が必要なスカートは?

着痩せするスカートとは反対に位置する注意が必要なスカートもあります。

それはタイトなスカートです。

タイトスカートはメリハリが出るので場合によっては着痩せをすることができますが、どうしても身体のラインをひろうデザインになっているので、お腹周りや太ももが気になる方にはおすすめできません。

しかし、人に見られることで意識が増して痩せるということを聞いたことがありませんか?

隠しているよりも見せた方が細見えするという考え方もあります。

もしもタイトなスカートを着たいという方はトップスもタイトなものを選ぶのではなくボリュームニットを選んだり、ヒールと合わせて着こなすことがポイントとなります。

また着痩せするスカートは膨張色を選ぶのではなく、引き締め効果のある色味を選ぶことも大事です。

スカートを使った着痩せコーデが知りたい!スカート好き必見!:まとめ

普段何気なく履いているスカートでも少しの工夫で着痩せコーデを作ることができます。

ハイウエストのものや、足首が見える丈のものを選ぶこと。

合わせるトップスやシューズも大事なポイントとなるので、ぜひ色んなタイプのものを合わせてベストな着痩せスカートコーデを作ってみてくださいね。