コンブチャクレンズ 妊娠中
妊娠中や授乳中にコンブチャクレンズを飲んで赤ちゃんに悪影響が出てしまわないかと、お母さんなら誰しも不安になりますよね。

「妊娠中に飲んでもいいの?」「授乳中でも問題ないの?」

という疑問を持つ人に、コンブチャクレンズの妊娠中・授乳中の飲用について紹介していきます。

妊娠中・授乳中に飲んでも平気なのか?

コンブチャクレンズの公式サイトの「よくあるご質問コーナー」には、下記のように書かれています。

「健康食品なので、妊娠中や授乳中でもご安心してお飲みいただけます」

コンブチャクレンズは薬ではなく健康食品なので、妊娠中・授乳中でも飲むことができるようですね。

実は妊娠中や授乳中だからこそ、コンブチャクレンズはおすすめなんです!

妊娠中・授乳中に必要な葉酸やビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。

また、合成甘味料や合成着色料、ブドウ糖、グルテン、増粘剤、合成アミノ酸などの添加物が使われていないので安心。

もちろん、アルコールやカフェインも含まれていませんよ。

妊娠中だとつわりで食事ができなかったり、授乳中は赤ちゃんのために必要な栄養素を摂らなければなりません。

そんなときの栄養補給として、コンブチャクレンズを飲めば健康を保つことができるのです。

体に合わない場合もある

妊娠中や出産後はホルモンの影響により、今まで大丈夫だったことがそうではなくなることがあります。

妊娠前からコンブチャクレンズを飲んでいた人ならば、体は慣れているのでそれほど変化は感じないでしょう。

しかし、妊娠中にコンブチャクレンズを飲み始めると、体に良くない反応が起きる可能性が。

もし、初めてコンブチャクレンズを妊娠中や出産後に飲むのなら、少量だけ飲んで様子を見るようにしましょう。

体に異常が出ないかちゃんと確認してから、1日量を飲むようにしてくださいね。

妊娠中の飲み方

コンブチャクレンズは原液で飲んでも問題ありません。

しかし、妊娠中は水や炭酸水、白湯で薄めて飲んだほうがいいでしょう。

妊娠中というのは赤ちゃんに栄養を運ぶためにサラサラな血液がいいのですが、体の水分が少ないとドロドロな血液になります。

ドロドロ血液だと赤ちゃんに栄養をスムーズに届けるのが難しくなるのです。

ですから、1日に必要な水分を摂るためにも水や炭酸水、白湯などで薄めて飲んだほうがいいのです。

ちなみに、飲むなら「食前」が効果的。

食前に飲むことで食事の栄養吸収率がアップしますよ。

授乳中の飲み方

コンブチャクレンズを授乳中に飲む場合も妊娠中と同じく、水や炭酸水、白湯で薄めて飲んでください。

飲むタイミングも食事の栄養を吸収できる食前がいいでしょう。

けれど、疲労が溜まって体がだるかったり風邪を引いてしまったときは、「就寝前」に飲むのが効果的。

就寝前に飲むことで体力を復活させるビタミンやミネラル、リンゴ酢などの効果をしっかり得ることができるのです。

コンブチャクレンズは「産後ダイエット」にもおすすめ!

女性は出産して授乳が始まると、赤ちゃんに栄養を与えるために痩せやすくなります。

痩せやすくなるとはいえ、授乳期間中に食べたいものを好きなだけ食べてしまうと確実に太ります。

一度太ると痩せることは難しく、産後ダイエットに苦労している人は多いでしょう。

産後ダイエットを成功させたいなら、コンブチャクレンズを飲んでください!

脂肪燃焼を促進させる成分が含まれており、太りにくい体質へと変えてくれるのです。

ただし、コンブチャクレンズに即効性はなく、最低でも効果が現れるまでに3か月はかかります。

産後に太らないためにも、妊娠中もコンブチャクレンズを飲むようにしましょうね♪