メタバリアS お腹の張り
メタバリアSは糖の吸収を抑え、腸内環境を整えることで健康的にダイエットを行うことができますが、実際に飲んでみて少しでも違和感があれば、続けていいのかどうか心配になりますよね。

その中でも「メタバリアSを飲んでお腹の張りを感じた」という口コミがいくつか寄せられているのですが、メタバリアSでお腹の張りを感じてしまうのはなぜなのでしょうか?

お腹の張りを感じるのは副作用?

メタバリアSを摂取して、お腹の張りを感じたら「これはもしかして副作用かもしれない…」と不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、メタバリアSで確かにお腹の張りを感じる人もいますが、それは副作用ではありません。

今まで正しく活動していなかった腸内環境を動かしたことの影響により、蓄積していた便や老廃物が排出されることで腸が圧迫されたように感じ、お腹の張りが出てしまうのですね。

このお腹の張りは一時的なものなので、約3~7日で症状は治まります。

お腹の張りを感じても飲み続けていいの?

メタバリアSの腸内環境を改善する効果により、お腹の張りを感じるものの、数日続くと「本当に飲み続けて大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。

お腹の張りを感じたらすぐにメタバリアSを飲むのは止めたほうがいいのでは?と思われている方もいますが、使用を止めてしまうとせっかくの効果が台無しになってしまうことも…

お腹の張りを感じているということは好転反応の一種であり、決して副作用ではないのでそのまま毎日飲み続けるようにしてくださいね。

痛みが感じる場合は病院へ

メタバリアSを飲んで一時期的にお腹の張りを感じることはありますが、体質によって個人差はあるものの、すぐに症状は治まるので安心しましょう。

しかし、ただお腹の張りを感じるだけでなく、痛みがある、圧迫感が強すぎる場合は別です。

腸内環境を整える作用ではなく、痛みを感じる場合はアレルギーなどの別の原因があると考えられます。

メタバリアSを飲んでお腹の張りだけでなく、痛みや強い圧迫感があるならば、すぐにメタバリアSの摂取はストップし、病院で検査してもらいましょう。

今までこれほど重症化したケースはどこにも報告されていませんが、万が一のことを考えてきちんと診察してもらってくださいね。

正しい飲み方で健康的にダイエット!

メタバリアSを摂取することで、腸内環境が改善させることで一時的にお腹の張りやおならが出やすくなることもあります。

ですが、腸がきちんと動いているという証拠なので、副作用ではないのでそのまま続けて摂取していきましょう。

極端に食事制限をするようなダイエットは大幅に摂取カロリーを抑えることができ、体重はすぐに落とすことができます。

しかし、お腹が空いてしまって集中力が低下し、ミスも増えるようになってしまうだけでなく、イライラを感じでストレスがどんどんたまってしまいます。

そのストレスがいずれは爆発してしまい、またすぐに食べてしまうようになってリバウンドしてしまうでしょう。

基礎代謝も悪くなってしまい、さらに痩せにくい身体になるといった悪循環を繰り返してしまうだけなので、無理な食事制限によるダイエットは禁物です。

メタバリアSを摂取して健康的にバランスのとれた食生活を送るように意識するだけで、食事量を減らさなくても、自然に痩せることができるのですね。

メタバリアSを摂取してお腹の張りを感じてしまうと「副作用かも!?」と心配になってしまいますが、お腹の張りはすぐに治まりますし、副作用ではなく、好転反応によるものなので問題なく続けることができます。

きちんと食べて糖を抑え、楽しく健康的に痩せることができるメタバリアSでダイエットを手助けしましょう。