燃えるカロリカット 副作用
世間では「サプリメントは健康補助食品だから安心」といわれていますが、実は副作用が出る場合もあります。

燃えるカロリカットも配合されている成分によって、副作用が出る可能性は十分にありますよ。

燃えるカロリカットの主要成分を調査し、それぞれの成分の副作用を調査してみました。

ギムネマシルベスタ

燃えるカロリカットには1回量3粒中にギムネマシルベスタが100mg配合されています。

食事の糖質の吸収を抑える、血糖値の急激な上昇を抑えるといった作用があり、ダイエットに役立つ成分です。

主な副作用は低血糖、貧血、下痢。

血糖値を下げる薬を服用している人は低血糖になりやすいため、燃えるカロリカットの摂取は止めたほうがいいでしょう。

ギムネマシルベスタは鉄分の吸収を抑える作用もあるので、貧血気味な人は注意してください。

下痢の副作用が出た場合は、摂取量を減らしたり使用を中止して対処してくださいね。

キトサン

燃えるカロリカットには3粒あたりにキトサンが100mg配合されています。

脂質・コレステロールの吸収を抑える作用があり、ダイエット効果が期待できる成分です。

キトサンは摂取しすぎると下痢の副作用が起きます!

また、便秘の副作用も報告されていますよ。

燃えるカロリカットの摂取量をしっかり守り、飲むときは便秘にならないように水分を多めに摂るようにしましょう。

ガルシニア

燃えるカロリカットにはガルシニアが3粒中50mg配合されていますよ。

脂肪の合成を抑える、コレステロール値を下げる、食欲を抑えるといった作用があります。

副作用は胃腸の不快感、吐き気、動悸、頭痛です。

しかし、過剰摂取しなければ起きることのない副作用なので、サプリの摂取量を守れば問題ありません。

コレウス

燃えるカロリカットには3粒中にコレウスが10mg配合されています。

コレウスを摂取することで、脂肪燃焼効果が期待できますよ。

副作用としては下痢が挙げられますが、過剰摂取しなければ問題ないでしょう。

また、高血圧に処方される薬や抗凝固薬などを服用している場合は、コレウスの作用が強く出る可能性があります。

薬を服用している場合は、医師に相談してからサプリを飲むようにしてください。

モノグルコシルヘスペリジン

燃えるカロリカットにはモノグルコシルヘスペリジンが3粒あたり10mg配合されています。

中性脂肪の合成を抑えたり、予防する作用がありますよ。

副作用は特にありませんが、中性脂肪に作用する薬を服用している人や妊娠中の人は医師に相談してからサプリを摂取したほうがいいでしょう。

白インゲン豆

燃えるカロリカットには白インゲン豆が3粒中6mg配合されています。

消化酵素α-アミラーゼの働きを阻害する作用があり、高いダイエット効果が期待できるのです。

副作用は特にありません。

マテ茶

燃えるカロリカットには3粒中にマテ茶が4.8mg配合されていますよ。

マテ茶にはポリフェノールが多く含まれており、肥満の予防やコレステロール値を低下する作用があります。

副作用は吐き気や嘔吐、発汗、頭痛などが報告されていますが、過剰摂取しなければ問題ないでしょう。

ショウガ

燃えるカロリカットにはショウガが3粒中に4mg配合されています。

ショウガには脂肪燃焼効果や便秘改善、体を温める効果、アンチエイジング効果などが期待できますよ。

過剰摂取により腹痛や下痢、胸やけなどの副作用が出ます。

ハバネロ

燃えるカロリカットにはハバネロが3粒中に1.2mg配合されています。

ハバネロに含まれるカプサイシンには、体の代謝を良くしたり脂肪燃焼を活発にする作用があるのです。

副作用は睡眠障害や鬱が報告されていますが、過剰摂取しなければ何も問題はありませんよ。