燃えるカロリカット カロリミット 違い
カロリーカット系サプリは、食事前に飲むことで食事のカロリーをカットしダイエットをサポートするもの。

燃えるカロリカットとカロリミットは商品名も似ていますが、その効果も似ていますね。

「燃えるカロリカットとカロリミットの違いは何?」

という疑問を持つ人に、燃えるカロリカットとカロリミットの違いについてお伝えしていきます。

価格・内容量

【燃えるカロリカット】

通常販売価格は1,315円(税込)です。

内容量は120粒で40回分なので、1日3回摂取したら約13日分になります。

【カロリミット】

通常販売価格は10回分で648円(税込)、30回分1,563円(税込)、90回分4,207円(税込)です。

内容量は10回分で40粒、30回分で120粒、90回分で360粒。

燃えるカロリカットとカロリミットは価格に違いがあり、カロリミットのほうが安いです。

また、カロリミットは自分に合った内容量を選ぶことができ、お試し感覚で一番安い10回分を気軽に試せるのも魅力的。

成分・効果

燃えるカロリカットとカロリミットには、「ギムネマ」と「キトサン」という成分が同じく配合されています。

ギムネマは糖質の吸収を抑え、キトサンは脂質の吸収を抑える効果がありますよ。

食事の糖・脂質の吸収を抑えるという点では、どちらのサプリも違いはなく同じです。

しかし、燃えるカロリカットには「コレウス」「ショウガ」「ハバネロ」の3つの成分が配合されています。

これらの成分には脂肪燃焼効果があるのです!

運動前に摂取することで体の代謝をアップさせ、脂肪燃焼をサポートしてくれますよ。

飲み方・飲むタイミング

【燃えるカロリカット】

1回3粒、1日3粒~9粒が目安になります。

商品パッケージには飲むタイミングが書かれていませんが、食事のカロリーをカットするサプリなので食事前に飲みましょう。

また、脂肪燃焼効果を期待するなら運動前や1日の活動が始まる朝に飲むといいですよ。

【カロリミット】

1回4粒、1日3回までが目安になります。

飲むタイミングはカロリーが気になる食事の前に飲むこと。

燃えるカロリカットのほうが1回に飲む量が少ないですが、食事前に飲むというタイミングはどちらも一緒ですね。

しかし、燃えるカロリカットは脂肪燃焼効果があるので、体を動かす前に飲むというタイミングだけ違いがありますよ。

販売店

【燃えるカロリカット】

ツルハグループのプライベートブランド商品なので、ツルハドラッグやくすりの福太郎、ウェルネスなどのツルハ店舗で購入可能です。

他のドラッグストアや薬局、東急ハンズ、ロフト、ドン・キホーテ、コンビニには売っていないので注意。

店舗以外だと楽天やAmazon、ヤフーショッピング、ツルハの公式通販サイトなどで購入できますよ。

【カロリミット】

燃えるカロリカットとは違いマツキヨやウエルシア、カワチ、ココカラファインなど全国のドラッグストア・薬局で購入可能。

東急ハンズとロフトには売っていませんが、コンビニやドン・キホーテにも売っていますよ。

店舗以外だと楽天やAmazon、ヤフーショッピング、ファンケルの公式通販サイトなどで購入できます。

脂肪燃焼効果も期待したいなら、燃えるカロリカットがおすすめ!

燃えるカロリカットとカロリミットは似ているサプリですが、大きな違いは燃えるカロリカットには脂肪燃焼効果があるということ。

運動前に飲んでダイエットしたいなら、燃えるカロリカットをおすすめします。

運動といっても軽いエクササイズやストレッチ、ウォーキングなどの前でも十分なダイエットが期待できますよ。

また、出勤前や通学前など1日の活動が始まる朝に飲んでもOK。

食事のカロリーをカットしたいだけなら、価格が安く販売店が多いカロリミットをおすすめします。