燃えるカロリカット 食後
燃えるカロリカットを食後に飲んでいる人が多いですが、実は食後だとダイエット効果を得るのが難しいといわれています。

「いつ飲めばいいの?」

という疑問を持つ人に、燃えるカロリカットの正しい飲むタイミングを紹介していきます。

いつ飲めばいいのか?

燃えるカロリカットは医薬品ではなく健康補助食品なので、基本的にいつ飲んでもいいとされています。

しかし、ダイエットに効果的な飲むタイミングがありますよ。

それは「食前」です。

燃えるカロリカットというのは、脂っこいものや甘いものの食事のカロリーをカットしてくれるサプリ。

食後ではなく食前に飲むことで食事のカロリーをカットし、余分なカロリー摂取を抑えてダイエットをサポートしてくれます。

おすすめは「食事の30分前」に飲むこと。

燃えるカロリカットには「ギムネマシルベスタ」という成分が配合されています。

糖分の吸収をブロックしたり、急激な血糖値上昇を防ぐ効果がありますが、この成分は飲んでから15~30分くらいで効果が出てきます。

食事の30分前に飲むことで、燃えるカロリカットの効果を最大限に引き出すことが可能なんです。

胃に負担をかけたくないなら、食事中・食後でもOK

燃えるカロリカットは食前に飲むのがおすすめですが、胃が空っぽの状態の食前に飲むと胃を痛めたり、不快感を感じることも。

胃に負担をかけたくないなら、食事中や食後に飲んでも大丈夫です。

しかし、食べ物がすべて消化されたタイミングに飲んでも、ダイエット効果は期待できません。

食べ物は3時間くらい胃の中にあるといわれているので、食後30分以内に飲むように心掛けましょう。

食後1~3時間くらい経ってから飲むのはもったいないですよ。

常温の水で摂取しよう

燃えるカロリカットはコップ1杯の常温の水で飲むことが大切です。

冷たい水だと胃の運動が減少し、サプリの効果が半減する恐れが。

また、冷たい水だと身体が冷えやすくなってしまうので、それを防ぐためにも常温の水で飲みましょう!

お茶やコーヒーなどカテキン、カフェインが含まれた飲み物でサプリを摂取すると成分を妨害してダイエット効果が得られないので、絶対に止めてくださいね。

1回3粒、1日9粒を守ろう

燃えるカロリカットは食前・食後・食事中に関わらず、必ず1回3粒、1日9粒を守ってください。

効果が実感できないからといって、目安量より多く飲んでも意味はありませんよ。

飲み過ぎると胃痛や腹痛、下痢などのトラブルが起きることがあります。

ダイエットに効果的な食前に飲み忘れたからといって、食事中・食後に一気に6粒飲むようなことは止めてくださいね。

逆に少なく飲むと効果を実感できません。

必ず目安量を守ってくださいね。

最低でも1~3か月間は飲み続けよう

燃えるカロリカットは医薬品ではないので、やはり効果を実感するには時間がかかります。

効果を実感できないからといって、1か月も経たないうちに止めてしまってはもったいないです!

最低でも1~3か月間は飲み続けてくださいね。

燃えるカロリカットで痩せられなかったら・・・

どんなサプリメントも体質に合う・合わないがあります。

燃えるカロリカットを飲んでも痩せられなかったら、「コンブチャクレンズ」がおすすめです!

コンブチャクレンズには脂肪燃焼をサポートする成分、美容をサポートする成分、毒素を排出する成分がたっぷり贅沢配合されています。

飲むタイミングは食後でもいいですし、いつでも好きなタイミングでOK。

コンブチャクレンズの公式サイトではお得な定期便があり、初回限定1本1,000円(税抜)で購入できます。

燃えるカロリカットよりも安いので、ぜひ試してみてくださいね♪