基礎代謝を上げるために効果的な成分には、「カプサイシン」「Lカルニチン」「アミノ酸」「酵素」「アリシン」「ジンゲロール」などがあります。

それぞれどんな効果があるのかを見ていきましょう。

■カプサイシン
唐辛子に含まれている成分アルカロイドの一種のカプサイシン。
中枢神経を刺激し、ホルモンの分泌を促します。
それにより、発汗作用が強くなり冷え性の改善や基礎代謝上げてくれるのです。

■Lカルニチン
脂肪の燃焼を促してエネルギーにかえる効果があります。
体内のLカルニチンの量は20代がピークと言われています。

■アミノ酸
筋肉の成長や回復を促します。筋肉量が上がると筋肉を働かすために基礎代謝が働き代謝量が増えます。

■酵素
基礎代謝の柱となる成分で3つに分かれます。
元から体に備わっている消化酵素と代謝酵素に対し、生野菜や果物などから摂取する食物酵素があります。
消化酵素や代謝酵素を支えているのが食物酵素になっています。酵素が減ってしまうと基礎代謝も下がってしまいます。

■アリシン
ニンニクやネギに含まれている成分で、ビタミンB1と結びつくことで血流を良くし体温を高める効果があり、基礎代謝を上げるとされています。

■ジンゲロール
しょうがや唐辛子の辛みの成分で、カプサイシンに似た成分と言われています。
体を温める効果があり、冷え性の改善や基礎代謝を上げる効果があります。

1.代謝を上げるサプリメントおすすめBest3

基礎代謝を上げるのに有効なサプリを3選ご紹介していきます。

●基礎代謝を上げるサプリベスト1
★スルスルこうそ
管理栄養士さんが代謝を上げるために作ったサプリです。
消化を助けてくれる「穀物発酵エキス」や「乳酸菌」配合。
「80種類もの野草発酵エキス」も配合です。

-成分原材料-
穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、難消化性デキストリン、野 草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、乳酸菌(殺菌)、ゼラチン、カラメ ル色素、(一部に小麦、乳成分、リンゴ、ゼラチンを含む)

●基礎代謝を上げるサプリベスト2
★肥後すっぽんもろみ
すっぽんには体内で作ることが出来ない9種類の必須アミノ酸と19種類のアミノ酸配合です。
なんとそのアミノ酸の量は黒酢の312倍!
その他にも、ビタミンB6・コラーゲン・カルシウムなどが配合。

-成分原材料-
大豆ペプチド、スッポン末、L-シトルリン、亜鉛含有酵母、スッポンオイル、もろみ酢末、米黒酢末、鎮江香酢濃縮末、燕の巣酵素分解物、桜の花エキス末、月桃葉エキス末、ビタミンE含有植物油、サフラワー油、ゼラチン、卵殻カルシウム、グリセリン、ビタミンC、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、カカオ色素、ビタミンB6、植物レシチン[原材料の一部に卵、小麦、大豆、ゼラチンを含む]

●基礎代謝を上げるサプリベスト3
★にんにく&カプサイシン
「カプサイシン」と「アリシン」2つの力で代謝アップをサポートしてくれます。
11種類のビタミンも配合されていますのでお肌にもいいですね。

-成分原材料-
にんにく粉末、唐辛子種子油、唐辛子粉末、ビタミンE含有植物油、食用油脂、ゼラチン、グリセリン、ビタミンC、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、ナイアシン、β‐カロテン、ビタミンB1、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンD、葉酸、ビタミンB12

2.サプリの効果的な飲み方と飲むタイミング

お薬にはいつどれだけ飲むのかは指示されているけど、サプリは飲み方や飲むタイミングについて明確に表示されていないこともありますよね。

そんな時は以下を参考にしてみて下さい。

■サプリの飲むタイミング
・栄養補給タイプのサプリ
食後30分以内が飲むタイミングとして良いと言われています。
食べ物と一緒に吸収してくれるので効果的なのです。

・アミノ酸系サプリ
空腹時が飲むタイミングとして良いと言われています。
食事の後では、先にタンパク質などが吸収されてしまい効率が悪くなってしまいます。

■飲み方
常温の水(ミネラルウォーター)で飲むのがベストです。
お茶やコーヒーなどカテキンが含まれるものは吸収を妨げますので水(ミネラルウォーター)で飲みましょう。