あなたは洗濯のタグ表示を見たり、化粧品の使い方の説明書を詳しく読んだりする方ですか?

洗濯のタグ表示には正しい洗濯方法が記載されていますし、化粧品の説明書にも効果的な使用方法が記載されていますよね。

洗濯や化粧品は直接体内に影響があるものではありませんが、薬やサプリはやや事情が変わってきます。

薬やサプリは直接口から体内に摂りいれるものなので、正しい使い方をしないと効果を発揮しない場合があります。

病院で処方される薬は先生や薬剤師から薬の飲み方の説明がありますが、市販の薬やサプリは自分で選んで購入するものなので使用方法をきちんと読む必要があります。

大人のカロリミットの正しい飲み方はどうなのでしょうか。1日のうちで分けて飲むことができるのでしょうか。分けて飲むことができるのならば、どのタイミングで飲むのが良いのか気になりますよね。

そんな大人のカロリミットの効果的な飲み方をチェックしましょう。

大人のカロリミットは分けて飲む?

大人のカロリミットの特徴は、
●日常活動時において脂肪を代謝する力を高めること
●食事の糖の吸収を抑えること
●食事の脂肪の吸収を抑えること

といった、代謝がおちてしまいダイエットの結果がでにくい年代のサポートをしてくれます。

大人のカロリミットは食事の糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を抑えてくれることと、食事の脂肪吸収を抑え、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれます。

食後に血糖値が上がってしまう人は糖尿病などの可能性があります。

また食後血糖値が上がりやすい人は、食事に炭水化物などを多く摂取する場合が多いと言われています。

食後血糖が恒常化してしまうと脳血管疾患などのリスクも高まってしまうので、血糖値の上昇を抑えるというのは身体のために良いということがわかりますね。

こうしたことから、大人のカロリミットは食事をする前に飲むのが有効であることがわかりますよね。

食事の際に一緒に飲むことで大人のカロリミットに含まれる成分が作用するというとこです。

大人のカロリミットは1日4粒が目安となっていますが、この4粒を1日のうちで分けて飲むということではないようです。

1日4粒を分けて飲むというよりも、1日の食事の中で一番カロリーの高い食事の前に摂取することが効果的とされています。

1日のなかで、昼が一番多く食べるという人もいれば夜に多く食べるという人もいますよね。

また外出時にカロリーが高い食事をすることが多くなるという人もいると思いますが、持ち運びやすいパウチタイプなので気軽に飲むことができますよね。

大人のカロリミットは分けて飲むというよりも、1日1回に絞り毎日継続して飲むことがポイントになります。

大人のカロリミットにはどんな成分が入っているの?

大人のカロリミッは1日4粒の摂取となりますが、その4粒の中にはこんなにも多くの成分が配合されています。

blockquote>ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボン

/blockquote>が含まれています。

食事の糖の吸収を抑制・食後の血糖値の上昇を抑制…ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファミゴンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン。

食事の脂肪の吸収を抑制・食後の血中中性脂肪値の上昇を抑制…ギムネマ酸、エピガロカテキンガレート、キトサン。

このように作用していきます。

どれも欠かせない成分であり、効果的な成分が含まれていることがわかりますね。

大人のカロリミットは分けて飲むのが良いの?効果的な飲み方は?:まとめ

大人のカロリミットは分けて飲むのではなく、1日の食事の中で一番カロリーの高い食事の前に摂取することが効果的です。

大人のカロリミットではなく、カロリミットの場合は、1日の食事の中で何度かに分けて飲むことが推奨されているので、使い方が異なることを覚えておくと良いですね。

大人のカロリミットのことをもっと詳しく知りたいという方は、公式サイトをチェックしてみてください。

>>【ファンケル公式】大人のカロリミットのお試しはこちら